嶋児神社

「丹後風土記」には、網野町が浦島太郎伝説の地であると記されています。
島児神社は八丁浜西端にある浦嶋子を祀った小さな神社。
神社といっても祠と亀の像があるだけですが、近くには嶋子が生け簀に使ったといわれる釣溜(つんだめ)という岩場や、乙姫とはじめて出会ったとされる福島などの伝説地があり、この地がかつて朝鮮半島・中国大陸への表玄関であったことを彷彿とさせます。 足を伸ばすと伊根町にも浦島神社があり、公園として整備されています。