日吉神社

日吉神社

日吉神社は、福田川の河口付近にある小高い山の上に鎮座する。 浅茂川村(現在の浅茂川区)の氏神で、祭神は大山咋命(おおやまぐいのみこと)である。
江戸時代は山王大権現(さんのうだいごんげん)と称していたが、明治六年(1873)に日吉神社と改められた。 本殿は一間社としては規模が大きく、側・背面では中央に柱をたて二間としている。 入母屋造(いりもやづくり)・妻入(つまいり)で、正面に軒唐破風(のきからはふ)付の向拝(こうはい)をつける。 多くの彫刻が用いられ、社殿を華やかに装飾している。文政10年(1827)の再建で、彫刻は彫物師中井の第六代権次正貞の手による。
当本殿は、江戸後期のこの地域を代表する社殿といえる。