網野神社

日子坐王(ひこいますのみこ)、住吉大神(すみよしおおかみ)、水江浦嶋子神(みずのえのうらしまこのかみ)の三神が祭られています。
「日本書紀」雄略二十二年条に、「秋七月に、丹波国与社郡管川の人瑞江浦嶋子、船に乗りて釣す。遂に亀を得たり」 「丹後国風土記逸文」に、「与謝郡日置里。この里に筒川村あり。ここの人夫日下部首等が先祖の名を、筒川の嶼子と言ひき」 とそれぞれ記載され、当地方が浦島伝説と関わりが深かったことがわかります。